ニューヨークのマンハッタンにある「グランド・セントラル」という駅ビルの正面最上部の彫像です。  明るい空に、天使のシルエットが浮かんでいて美しく感じ、道路を挟んで、40~50メートル上を見上げながらハガキ大の紙にスケッチしました。  朝の通勤時間でしたので、通行人がジロジロこちらを見ていましたが、お構いなしに筆を走らせました。ただし、足元に地下からの通風口があり、あまり芳しくない臭いが吹き上がってきて、これには閉口。スケッチ中、ひたすら耐える“行”となりました。  ともあれ、ニューヨークには、古い石造りのビルディングがたくさん建っているのですが、そうしたビルの外壁には、さまざまな彫刻が施されていて、興味が尽きません。  次回は、ビルを描いた絵封筒を紹介します。(TK)