朝、山の手線の車窓から
明治神宮の緑が見えた
萌え出でたモミジの若葉が
生まれたての赤ちゃんのように
まぶしく、きみどり色に輝いていた

昼休み、はやる心を抑えつつ神宮の杜へ
参道に入ると向こうから歩いてきた
初めて見かける神宮の警備員さんと目が合う
「こんにちは」と頭を下げられ
一瞬、戸惑ったが元気よく
「こんにちわ」と返した
そんな自分が、ことのほか、うれしい

小鳥のさえずる声に耳を澄ませながら
杜の奥へと歩みを進めると
深い緑葉を背景に
きみどり色の羽を広げるように茂る
1本のモミジが
まぶしく輝いていた

「待ってたよ」と語りかけるように

2007/04/09 TK