東京都江東区東陽町での取材の帰り あるビルの前を通りかかった時 玄関先に咲くオレンジ色の花が目に留まった ランチタイムの往来 少し人目が気になったけれど 描きたい気持ちが勝って 持っていたハガキに早速スケッチ すると、そのビルから出てきた 女性の事務員さんが私の後ろに周り じっと私の絵を眺めている気配を感じた ふと、その女性の方へ振り向くと 「すてきね」とひと言 「あまりにきれいだったものですから」と私 「いいのよ。ゆっくり描いてて」 「ありがとうございます」 絵を仲立ちとして 通い合う心と心 見守られ、讃えられる幸せ 2007/3/30 TK