寒い夜だった

バスを待つ間に
近くのコーヒーショップで
ホワイトチョコレートモカを買った
耳からはお気に入りの音楽
手にはあたたかいカップ
口の中に甘いおいしさが広がる
休日ダイヤのために
随分の間、待つことになったけれど
幸せな気分でいられた

ぬくもりとおいしさをありがとう

白いカップを両手で包み込んだ

TK