うつむき加減でじっと書籍を見つめている男性…その澄んだ真剣なまなざしに引きつけられ、ゆっくりと鉛筆を走らせた。(TK)