Reikoさんから花の絵てがみが届きました。 「急に涼しくなり、愛犬を連れての朝の散歩が、楽しくなりそう。道端で、かわいい“つゆ草”の花を見つけて摘んできました。自転車に乗った近所の男子学生が通りかかり、彼は覗き込んでいた携帯電話から顔を上げ、さわやかな声で『おはようございます!』と。私もニッコリ 『おはよう』っと。この間まで、私服でみかけたのに、もう新学期が始まったのだったなあっと (^^ゞ」 ―― 季節感ある絵てがみ、ありがとうございます。  絵や絵てがみを描いていると、季節の移り変わりに敏感になりますよね。俳句を作る知人も、同じようなことを言っていました。  つゆ草の絵も、観念で描くのではなく、しっかりと対象をよく観察しながらスケッチされていることが、よく分かります。とても絵が自然に見えますから。この調子で、心に惹かれるものを描いていかれたらいいですね。  また、絵てがみに添えられた文章もいいですね。近所に住む学生さんとの挨拶の交換に、何気ない日常の幸せが表現されていて、心あたたまりました。(TK)