作者のコメント:「東京のあるカフェで、壁に掛けた時計を描きました。タイルの直線と時計やパイプの曲線の組み合わせが面白いと思いました」
万年筆で描き、水筆で陰影をつけた作品。