作者のコメント:「実家の大阪弁(河内)でやってみました。特に意味はないのですが、国ことばは、実がこもっているような気がしました。 このような方(絵てがみで描いた婦人)と飲むとこわいなぁ。 でも、本物(像)は、もっと良い銅製の人形です」 ―― とても雰囲気のある、いい絵てがみですね。 中国の昔の人形のようで、絵心をそそられます。 大阪弁の言葉も、絵と合ってますね。 七福字さんの書は、絵と相まって、とても温もりが伝わってきます。 絵の具は、たぶん顔彩をお使いだろうと思いますが、渋くて何ともいえない、いい色が出てますね。(TK)