2006年10月22日 (日)

まほろば

Mahoroba_1Mahoroba_2_1先日まで東京・銀座で開催されていた「第28回生光展」に出品した『まほろば(Ⅰ)(Ⅱ)』という油絵です。
奈良県曽爾村と三重県名張市の県境に広がる「曽爾高原」を描いたものです。作品の大きさは、左の(Ⅰ)が20号、右の(Ⅱ)が15号です。
色は実物とはちょっと異なりますが、ご勘弁を。

TK   

| | コメント (4)

2006年9月 5日 (火)

生光展

Seikouten約3カ月前から制作していた、生光展の
出品作品が今朝、ほぼ完成しました。
作品は2点で、いずれも油絵です。
9月9日~11日が搬入日なので、
これから4、5日かけて絵の具を乾かして
から、搬入するつもりです。
よほど優秀な作品でないと2点とも飾ら
れるということはないのですが、私は同展
の会員なので最低でも1点は飾ってもらえ
ることになります。

いつもそうなのですが、作品が仕上がった時の達成感は
格別なものがあります。
例えて言えば、登山で山頂に達した時のような感じでしょうか。
歩いている途中には、「果たしてこの道で山頂に到達できるの
だろうか?」という気持ちになる時もあるのですが、山頂に近づ
くにつれて、空が近くなり、周囲が日差しで明るくなり、やがて
視界が急に開ける…。
そんなところが、絵の制作と山登りは似ています。

「気がはやい」と言われるかも知れませんが
展覧会の案内はがきを画像でご紹介します。
会場となる画廊が東京・銀座にありますので、
東京近郊の方はぜひ、ご来場ください(無料)。

今回、私が描いた作品は、展覧会の会期終了後
このブログに写真をアップする予定です。

TK

| | コメント (0)

2006年6月20日 (火)

蒼い記憶

Aoikioku こんにちわ! アトリエ TKへようこそ!

ここでは、私TKが、日々、趣味で制作している油絵や水彩画、絵てがみなどを、折々の思いとともに公開していきたいと思っています。まず、第1回目は、ご挨拶がてら、昨秋(2005年)、「生光展」という美術公募展に出品した油絵『蒼い記憶』(30号)を紹介します。この作品は、東京の渋谷にある私の職場の窓から眺めた風景を描いたものです。夕方、仕事の手を止めてふと見た夕焼け空と樹木の蒼さに心がいやされた、そんな思い出を胸に描きました。TK

| | コメント (3)