« 木壁の民家 | トップページ | ツナモッツァレラチーズ・デニッシュ »

2007年6月 2日 (土)

目と目が合って…

Tk070602_1 朝、花が描きたくなって花壇へ
たくさんの種類の花が咲く中で
1本の紫色した花が目に留まった
ラベンダーだろうか
あたかも目と目が合ったように
フォーカス(焦点)がそこだけ
ぴったり合った
きっと今の私の心に何かが響いたのだろう
上を向いて
すっと伸びるその花の姿が
いとおしく感じた

スケッチが終わりかけたころ
私の後を追いかけて
二男がやってきた
「早朝からなんて元気なの!」
と感心するくらい
私の前をピョンピョン跳ねて歩く

健気な花も
無邪気な子供も
私は大好きだ

2007/06/02 TK

|

« 木壁の民家 | トップページ | ツナモッツァレラチーズ・デニッシュ »

コメント

TKさん、

 ご無沙汰しています。
 しばらくこちらへ寄らなかったのですが、なかなかガンバッテおられますね。町角のスケッチが出てきて、しかも私と同じところを描いているのもあり、「これは危うい」と畏れています。(笑)

 ところで最近、「efuto」というのに出会ったのですが、ご存じですか?

投稿: MT | 2007年6月 2日 (土) 13:18

MTさま

お久しぶりです!
最近、花から街角に目移りがしまして…。
でも、本拠地は東京郊外なのでご安心を!(笑)

>>「efuto」というのに出会ったのですが、ご存じですか?

いえ、初耳です。
どのような類のものなのでしょうか?

投稿: TK | 2007年6月 2日 (土) 14:18

「efuto」って、読んだ時。。。
エフト?って何と思いましたが、そのまま読んで
絵封筒:英仏の絵本作家たちが、手紙を送るときに
遊び心で絵を描いて楽しむ絵封筒手紙を絵やデザイン、
模様、色で彩り、私信を個性的に変えるメールアートで、
日本でも広まっているらしいです。


「efuto」を集めた展覧会が6月2日から東京・大手町の「ていぱーく」
で開かれているそうですよ☆いきたいなぁ~~

投稿: keiko | 2007年6月 2日 (土) 22:38

よりそって ささえあって

まるで”夫婦”をみているようですね。

投稿: tao | 2007年6月 2日 (土) 23:14

keikoさま

絵封筒でしたか~、それは興味深いですね!
日本でも実例があるなんて知りませんでした。
ちょうど今、展覧会が行われているのですね、情報ありがとうございます。
これはぜひ、行ってみたいです。

投稿: TK | 2007年6月 3日 (日) 06:57

keikoさん、

 よくご存じなんですね。今度、それをTKさんに送って、ここに掲載してもらおうなどと考えたのですが。

 あなたも如何ですか?

投稿: MT | 2007年6月 3日 (日) 13:03

はい!!
やってみます♪(*^-^*)

投稿: keiko | 2007年6月 3日 (日) 19:30

追伸 :
 「絵封筒」と言う位ですから。。。
 単に絵を描くのでは、面白くないのでしょ~か。。。
 封筒には、相手様の〒・住所・名前が書かれてあるし
 切手も貼りますよね。。。。
 その二点を、うまく取り込んで表現するのでしょうかぁ・・・

 taoさま、是非 展覧会を見に行って下さいね。
 感想聞かせて下さい!!四国からは、少し遠~~~~~~いですぅので★
 

投稿: keiko | 2007年6月 4日 (月) 00:44

MTさん
keikoさん

絵封筒の投稿、大歓迎です!
私はまだ実物を見たことがないのですが、絵てがみとはまたひと味違うおもしろさがありそうですね。
このギャラリーの絵のバリエーションがさらに広がるようで、今からワクワクしています。

投稿: TK | 2007年6月 4日 (月) 08:01

keikoさん、

 絵封筒だけを集めた本がフォイルという出版社(www.foiltokyo.com)から出ています。これを見ると、実に遊び心たっぷりに「切手」や「宛先」を利用した絵が並んでいます。

投稿: MT | 2007年6月 4日 (月) 16:03

keikoさん、
TKさん、

 フォイルのサイトに本から取った絵封筒の見本がありました。

http://www.foiltokyo.com/book/art/efuto.html

 上のURLを見てください。

投稿: MT | 2007年6月 4日 (月) 16:12

MT様
 わざわざご紹介下さいましてありがとうございます。
早速、サイトを見ました。本は明日行ってみます。
『凄いですね~~☆』話では聞いていましたが。。。。
こ~~れは「楽しいですね♪♪」
切手が、凧になったり、宛名が砂浜の石だったり
キャンパスに住所を書いたり。。。。。
ぅぅぅ~~~ん・・・発想が豊かになりそうです。
私もひとつ。。。浮かびましたぁぁ^~~♪
描こうっと(*^O^*)////♪☆

投稿: keiko | 2007年6月 4日 (月) 18:53

MTさんへ

私も紹介くださったウェブサイトを拝見しました。
“モナリザの微笑み”の切手を生かした作品など、思わず微笑んでしまいました。
なるほど切手の使い方と住所をどういう風に入れるか、がポイントになりそうですね。
コラージュ的な要素があって、楽しんで作れそうですね。私も是非やってみたいです!

それで、ネットで作品を公開する場合、宛先の住所や氏名を伏せたい場合もあると思いますが、何かいいアイデアをお持ちですか?

さしあたって、皆さんから投稿としてTK宛に郵送してくださる場合は、私の職場の住所に送っていただくのがいいかも知れませんね。
「TK」の表記だけでも充分手元に届くと思いますから(笑)。

投稿: TK | 2007年6月 4日 (月) 21:05

夕食を準備して本屋さんに行きました。
この本は、在庫を持たないので注文で2週間もかかるらしいです。。。

それから封筒ですが・・
郵便局にお勤めの方に聞いたのです、
縦型封筒は左上に切手を貼る、横型封筒は右上に切手を貼るように決まってるんですって。
消印を押すのに機械が縦型封筒を基本に作られているんですって、
横型封筒は、その機械に封筒を立てて入れるから右になるんですって、「なるほど☆」
宛名は、何処に書いても良いのですが、機械が読めないので、
弾き飛ばされ、手処理になるので、お届に時間が、かかります。ですって
 私は、今までの作品投稿の様にメールで送りますね♪

投稿: keiko | 2007年6月 4日 (月) 22:58

oblivion domino [url=http://www.unitfree.info/message.php?id=393]oblivion domino[/url] oblivion [url=http://www.unitfree.info/message.php?id=2]oblivion[/url] oblivion [url=http://www.unitfree.info/message.php?id=232]oblivion[/url] elder [url=http://www.unitfree.info/message.php?id=257]elder[/url] oblivion guida [url=http://www.unitfree.info/message.php?id=174]oblivion guida[/url] muratura faccia vista [url=http://www.unefout.info/message.php?id=1598]muratura faccia vista[/url] tomtom navigator 3 wired gps [url=http://www.unefout.info/message.php?id=396]tomtom navigator 3 wired gps[/url] adora ricevere schizzo faccia [url=http://www.unefout.info/message.php?id=1578]adora ricevere schizzo faccia[/url] tomtom [url=http://www.unefout.info/message.php?id=998]tomtom[/url] ultimo [url=http://www.unefout.info/message.php?id=155]ultimo[/url] finestra [url=http://www.votrefout.info/message.php?id=47]finestra[/url] netscape music aol [url=http://www.votrefout.info/message.php?id=265]netscape music aol[/url] riconosce [url=http://www.votrefout.info/message.php?id=111]riconosce[/url] netscape [url=http://www.votrefout.info/message.php?id=318]netscape[/url] italia [url=http://www.votrefout.info/message.php?id=1345]italia[/url]

投稿: leghg | 2007年6月23日 (土) 16:20

この記事へのコメントは終了しました。

« 木壁の民家 | トップページ | ツナモッツァレラチーズ・デニッシュ »