« 新緑讃 | トップページ | 見上げた空に »

2007年5月 5日 (土)

フローラルガーデン

Tk070505aTk070505b 休日の今日、家族で調布市の多摩川近くにある「京王フローラルガーデンANGE」に出かけた。
 ここは、つまりは小さな植物園だったが、西洋の画家・モネの池をイメージした池をはじめ、芝生の広場、イングリッシュガーデン、ハーブガーデン、メイプルガーデンなど、四季折々の花や樹木が楽しめる空間となっている。
 子供の日の今日は、緑に囲まれた広場で、金管五重奏団による演奏もあったが、宮崎駿のアニメの映画音楽なども演目にあり、親子して楽しんだ。
 私は、もちろんスケッチがしたかったので、子供たちが、ビーズ細工の体験をしたり、広場で遊んでいる時に、ハガキ用紙にスケッチをした。
 左側の作品は、モネの池で睡蓮を描いたもので、右側は、広場を臨む小道を描いた。
 春というよりは夏と言ってもいい気温で、広場を駆け回っていた子供の顔は、真っ赤に日焼けしていた。
 もっとたくさんの場面を描きたかったが、幼い子連れでは2枚が精一杯だった。
 また機会を見つけて、スケッチに訪れたいと思った。

 2007/05/05 TK

|

« 新緑讃 | トップページ | 見上げた空に »

コメント

いつもの風景画と一味違った。。。。
「ほんわぁり。」「はんなりっ」した絵ですね♪ たぶんTK様のお心が、ゆったりされておいでだったんですね(*^-^*)
 私も西日本最高峰・石鎚山に連なる標高1,763mの麓に3日間いました、見渡す限りぐるりと大自然、「自然」の『音・香』まるで自分の肉体など飲み込まれ、溶けてしましそうでした。。。。どうにか絵を描こうとしたのですが・・・・どうにも、描けませんでした・・・・あまりにも「大きすぎて・・」
こういう時は、どう描けばよいのですか。。。どこから手をつければいいのか・・・手など出せない・・・でも描きたい

投稿: keiko | 2007年5月 6日 (日) 10:25

keikoさん
そうですね~、確かに休日モードの絵かも知れませんね(笑)。
知人にも、仕事をしている時と、子供たちと一緒にいる時とでは表情が違うと、かつて言われたことがありましたが、絵も描く時の心境が正直に出るものなのですね。
keikoさんは、石鎚山で過ごされたのですね、大自然に身も心も包まれて、最高の体験でしたね。
描けない時は、無理に描こうとしなくていいと思いますよ。
その時自然から得たものは、きっといつか何らかの形で、制作する絵にも生かされる時がくると思いますから…。
何よりも、その場で直接触れ合って感じることが、とても重要だと思います。

投稿: TK | 2007年5月 6日 (日) 12:37

tkさま

どことなく、TKさんの絵もモネっぽい
やさしい風景画ですね。ガーデンのなまえもおしゃれですね~♪

投稿: れんげ | 2007年5月 6日 (日) 14:00

TK様 解りました(*^-^*)
そうですね、後からの作品に影響してきますよね☆ でも。。。あんな自然が、キャンパスに表現出来たらどんなにかいいだろう~~~~~~

投稿: keiko | 2007年5月 6日 (日) 14:56

tkさま!!

勝手な感想かもしれませんが
tkさまの”絵”を見せて頂いてるうちに
そしてkeikoさんの”コメント”を
じっくり”味わってみた”後に”フト”おもいました。!!

tkさまの”絵”は ときには”強く”またあるときには”優しい”作品に感じられるなああ~。!!なんて

きっと 神様って”厳しくて優しい”のではないか。?と想うのですが。!!

やはりtkさんの”絵”は”神”の
作品(神品)なんではないのでしょう
か。!!

投稿: tao | 2007年5月 6日 (日) 20:59

れんげさん
睡蓮は実は初めて描いたのですが、モネをはじめ多くの画家が好む題材だけあって、すごく魅力を感じました。いつか油絵で描いてみたいなぁ、とも思いました。
花が好きなれんげさんにオススメのガーデンでしたよ。

投稿: TK | 2007年5月 6日 (日) 23:28

keikoさん
いつか絵に描いたら、見せてくださいネ!

投稿: TK | 2007年5月 6日 (日) 23:30

taoさん
私の絵やkeikoさんのコメントを見て、神の特性に思いを馳せるtaoさんの感性こそ素晴らしいと思いますよ。
私はただ、気楽に描き続けているだけですから。

投稿: TK | 2007年5月 6日 (日) 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新緑讃 | トップページ | 見上げた空に »