« 絵てがみギャラリー(103) keikoさんの『お稚児さん』 | トップページ | 雲上より »

2007年4月16日 (月)

帰還

Tk070416_1還ってきた この場所に
帰ってきた 私の街に

車窓から眺める西の空
雲間から射す光が
オレンジ色に輝く空が
私の心を包んでくれる

つかの間の旅だったけれど
温かい人の心に触れ
新緑の美しい山々と出合えた

遠く街を離れ
家族のいる日常の
ありがたさを知る

 なにしてるの
 よるにかえってきてください
 こうたより

幼子からのメールに
思わずほほえみながら
ホームに降り立った

2007/04/15 TK

|

« 絵てがみギャラリー(103) keikoさんの『お稚児さん』 | トップページ | 雲上より »

コメント

TKさんの絵てがみは、色合いもタッチも優しい感じで見ているだけで心が和みます。
毎日のように素敵な絵てがみをありがとうございます。私がいうのも何ですが、本当にお上手なのですね。尊敬します♪

投稿: NANA | 2007年4月16日 (月) 15:12

『お父さん!帰ってきたよ♪』
そんな声が聞こえそうな優しい夕焼けです。
「家族」って素晴らしいですよね~~~☆

投稿: keiko | 2007年4月17日 (火) 07:16

ふるさとについたときの”やすらぎ”
なのでしょうか。?
風景がまるで”tkさんにお帰りなさい”と言っている様にみえます。~☆

投稿: tao | 2007年4月17日 (火) 21:46

NANAさん
温かいコメント、ありがとうございます。
心が和んでいただけたのなら、とてもうれしいですね。
こうしてネットで皆さんに絵てがみを見ていただくことは、今の私にとって、生き甲斐になっています。
1日1枚以上、できる限り続けていきたいと思います。

投稿: TK | 2007年4月17日 (火) 22:25

keikoさん

家族がいて今の自分がある、今の絵が描けるのだと思っています。
私の包容力を引き出してくれている家族には、心から感謝しています。

投稿: TK | 2007年4月17日 (火) 22:30

taoさん

東京に来てはや15年になります。
私にとって東京が第二の故郷になりつつあるのでしょうか、出張から東京に戻り、街の景色を眺めると、ほっとします。
そういう時に、目に映る街の風景が、とても愛しく感じます。

投稿: TK | 2007年4月17日 (火) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵てがみギャラリー(103) keikoさんの『お稚児さん』 | トップページ | 雲上より »