« まほろば | トップページ | 柿 »

2006年10月25日 (水)

かけがえのないモノ

Jarわたしは陶器にとても心が引かれます。
それも、華美なものよりも、土のざらざらした
感じのものに、より強く。
陶器って、使えば使うほど、愛着がわきますよね。
先日も、職場で使っている湯飲み茶碗を誤って
落として、少し欠けさせてしまいました。
が、後日、ホームセンターで陶磁器用の接着剤を
買って、自分で「欠け」を修理して、再び使えるよう
になりました。
すると、不思議なもので、欠ける前よりも、ずっと愛着が増しました。
結局、陶器を単なる物じゃなく、「自分の一部」みたいに感じている
のかも知れませんね。
たった一つしかない、かけがえのない「モノ」として。

TK

|

« まほろば | トップページ | 柿 »

コメント

>> 先日も、職場で使っている湯飲み茶碗を誤って落として、少し欠けさせてしまいました。<<

 ははははははは。あっ、失礼しました。失敗をちゃんと題材にしてしまうところ、さすが記者ですね。

 私のコーヒーカップは入社当初の平成4年、すごくお気に入りのものを買ったのですが(結構値が張った!)、買って1カ月も経たないうちに、ある方が「パリン!」とやってしまい、その方が代わりにと買ってくださったものを今も有り難く使用しています。今は三児の母になって地元で活躍しておられるSさんに、いつも感謝しています。

-TA

投稿: T.Abe | 2006年10月30日 (月) 15:01

TAさんへ

茶碗を割る私の姿がまぶたに浮かぶでしょう?そういうところは今も変わらないかも。
(^[^;)

懐かしいですね、Sさん。
平成4年からだと、もう15年近くもそのコーヒーカップを愛用しているのですね。
それは、すごいですね。私も見習わなきゃ。

TK

投稿: TK | 2006年10月31日 (火) 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まほろば | トップページ | 柿 »